ニキビは跡を残さないためにも皮膚科で早めに治療しよう

ニキビは治っているのに跡が残ってしまって悩んでいる、肌が凸凹してしまったといった悩みを持っている人は結構いるようです。

ニキビ跡が残ってしまうのは、自分でニキビを潰してしまったり、ニキビがひどい炎症を起こしてしまった時だと考えられています。

ニキビ跡の種類とその原因について知り、予防しましょう。

・赤み、シミのような跡の原因

痛みなどがないのに赤や紫色の跡が残ってしまうのは、炎症で損傷してしまった毛穴を治そうとして毛細血管が集まって拡張した毛細血管とそのうっ血による赤みです。

毛細血管が集まって拡張するのは体が自然治癒しようとしているもの、うっ血は内出血によるものです。

シミのような跡はニキビの炎症から皮膚を守るためにメラニンが発生し、茶色く色素沈着してしまったものです。

・クレーター状、しこりのような跡の原因

肌表面が凸凹になってしまったものは、ニキビの炎症が表皮にとどまらず、真皮まで及んでしまい、コラーゲン組織が損傷してしまったために起こります。

ニキビが治った後、痛みや痒みなどはないが白や赤のしこりのようなものが残ってしまうのは、ニキビの炎症で損傷した皮膚を修復する時に、コラーゲン組織が過剰に生成されたためにしこりのように残ってしまうものです。

・いずれも早い段階で治療を

いずれのニキビ跡も、ニキビがひどい炎症を起こしたためにできるものです。

ニキビは手強ければ手強いほど悩みは深刻になりますし、生活習慣の見直しなど自分で行う対策だけではうまくいかない事が多くなります。

早い段階で医療機関で治療を受けることが大切です。

特にビューティースキンクリニックのニキビ治療は最新の治療マシンを導入していますので、今までクリニックに通っても良くなるのは一時的だった、という経験をお持ちの方も改善がのぞめるかもしれません。