ニキビはなぜニキビ跡として残ってしまう事があるの?

ニキビが少しでもできると憂うつになりますが、ニキビが治った後もニキビ跡で悩まされることがあり、ずっとニキビやニキビ跡で悩むことになってしまいます。

ニキビができてもきれいに治る人がいるのに、ひどい跡が残ってしまうことがあるのはなぜなのでしょう。

・ニキビ跡ができる理由その1

ニキビ跡ができてしまう理由の一つは、ニキビがひどい炎症を起こしてしまうからです。

ニキビができると気になってしまい、触ってしまったりまちがったケアをして刺激を与えてしまうことがあります。

それでますます炎症が悪化し、毛穴周辺の皮膚組織が破壊されてしまうのです。

こうなると傷と同じで、傷跡として残ってしまうのです。

ニキビの炎症がひどいとか、同じ場所に何度もニキビができてしまうと、皮膚組織が損傷して傷跡として残りやすくなります。

・ニキビ跡ができる理由その2

ニキビ跡ができるもう一つの理由は、ニキビを自分で潰してしまうからです。

ニキビができたら芯を出したら治るといった話を聞き、ニキビを両側から押して潰してしまったことはありませんか。

その場合、手や爪に付着している雑菌が皮膚組織の中に入って炎症をひどくしてしまうのです。

炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビを無理やり潰すと炎症を引き起こして赤ニキビになる可能性がありますし、赤ニキビを無理やり潰すとさらに炎症が悪化してしまう恐れがあります。

気になる記事≫潰した方が治りが早い? 白ニキビの正しい対処法を教えて!

・どうしても潰したい時は

このままでは気になって触ってしまうという場合は、皮膚科で潰してもらうことができます。

ただし、皮膚科でも白ニキビのような初期の段階なら面皰圧出という方法で潰してくれますが、炎症を起こしている場合は触れません。

自分で潰すのは止め、ニキビが気になったら皮膚科に行って相談するようにしましょう。

Comments

Comments are closed.