ニキビを防ぐ生活習慣を考える

ニキビを予防する、きれいに治していくためには生活習慣を見直すことも大切です。

ニキビができやすい生活習慣の逆のことをすれば良いのですが、わかりやすいものをいくつかご紹介しておきます。

皮膚科でも指導されると思いますが、自分でできることはすぐにでも始めましょう。

・睡眠、食事は大切

最近は仕事が忙しいという人が増え、夜遅くまで頑張っている人が多いですね。

そのため睡眠時間が短くなっている傾向があります。

睡眠不足は体に様々な悪影響を与えますが、ニキビもできやすくなります。

睡眠時間が短いと、肌のターンオーバーがうまくできず、ニキビができやすい肌になってしまいます。

夜10時から午前2時が肌のゴールデンタイムと言われているので、この間は眠っているようにしたいものです。

また、食事についても脂っこいものばかりを食べていたり、ファストフードばかりで済ますのはよくありません。

バランスよく食べ、特にビタミン類は多く摂るようにしましょう。

・ストレスは溜めない

仕事や家事、育児などでストレスが無い時なんて無い!という人がほとんどですが、ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れ、ニキビの原因になります。

ストレスが溜まっても、うまく発散する方法があれば問題ありません。

自分なりのストレス発散法を見つけておきましょう。

・皮膚科に相談

いろいろ気をつけていてもニキビが一向に良くならない時は、皮膚科に相談しましょう。

生活習慣から治療方法まで相談に乗ってもらえます。

ニキビ治療専門の皮膚科がおすすめです。

Comments

Comments are closed.